にきび跡に効くケミカルピーリング

ケミカルピーリング

にきび跡治療には、ケミカルピーリングという治療がよく用いられます。
ケミカルピーリングとは、ケミカル=科学、ピーリング=表面を削るという意味があります。
化学的な物質を使い、にきび跡がある皮膚の角質層を削り取り、肌の状態を若返らせてくれます。
新陳代謝の悪くなってしまった角質をはがし、新しい皮膚を形成してくれたり、真皮のコラーゲンの生成を促進してくれるので、にきび跡による凹凸などの改善してくれます。
そのため、にきび跡の治療にとても効果的なのです。
にきび跡だけでなく、しみやくすみなどの治療にも効果がありますよ。

 

ケミカルピーリングでは、フルーツ酸と呼ばれる弱いタイプの酸を用いた治療となるので、入院などをする必要がなく、通常の生活を送りながら治療を行なうことが出来ます。
フルーツ酸はとても弱いタイプの酸なので、肌を傷つけることがありません。
しかし、弱い酸のため、治療は何回か数を重ねる必要があります。
1回で完了というわけにはいかないのです。
また、角質層を削り取るので、皮膚が紫外線を強く感じやすくなってしまいます。
なので、ケミカルピーリング後は日焼け止めをしっかりと塗ったり、普段以上に紫外線対策を行なう必要があります。